チャンスの神様の前髪をつかむ方法。

皆さんこんにちは。城谷です。いつもありがとうございます。

本日12月12日(火)、朝日新聞朝刊の奈良面にムジカ・フマーナの活動が大きく取り上げられました。
朝日新聞記者の古澤さん、本当にありがとうございます。
一時間の対話、ノート数ページにわたるものを、本当に的確にまとめてくださり、心から感謝いたします。

では早速本題に。今日はチャンスの神様について!

チャンスの神様って誰。

チャンスの神様というのは、どうやら前髪しか生えていないらしいです。
まず、チャンスってなんやねん。チャンスという言葉の由来から見ていきましょう。
wikiカモン~

カイロス古希Καιρόςラテン文字転写:Kairos, ラテン語形:Caerus)は、ギリシア語で「機会(チャンス)」を意味する καιρός を神格化した男性である。元は「刻む」という意味の動詞に由来しているという。キオス悲劇作家イオーンによれば、ゼウスの末子とされている。カイロスの風貌の特徴として、頭髪が挙げられる。後代での彼の彫像は、前髪は長いが後頭部が禿げた美少年として表されており、「チャンスの神は前髪しかない」とは「好機はすぐに捉えなければ後から捉えることは出来ない」という意味だが、この諺はこの神に由来するものであると思われる。また、両足には翼が付いているとも言われている。オリュンピアにはカイロスの祭壇があった。
ギリシア語では、「時」を表す言葉が καιρός (カイロス)と χρόνος (クロノス)の2つがある。前者は「時刻」を、後者は「時間」を指している。また、「クロノス時間」として、過去から未来へと一定速度・一定方向で機械的に流れる連続した時間を表現し、「カイロス時間」として、一瞬や人間の主観的な時間を表すこともある。内面的な時間。

引用元「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」
カイロス 最新更新日時  2017年4月10日 (月) 06:12‎ 版を取得。URL https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%82%B9

☆著作権物の引用方法を守って引用しています。この本文をコピーして転載することは禁じられています。
この意味が分からない方はググるか、ググるの意味が分からない方はむやみにインターネットに書き込んだりしないほうが身のためです・・・!

ということで、チャンスという言葉はギリシャ神話からきているのですね・・・。ということは、もしかしたらギリシャ神話のカイロスは前髪しかなかったのかも・・・?
次はカイロスの画像を探してみましょう。「カイロス」で検索すると真っ先にポケモンのカイロスが出てきますね・・・(笑)




ありました。前髪しかないですね~。「カイロス 彫刻」で検索したらたくさん出てきます。検索してみてください。ちょっと面白おかしなイラストも出てきます。

ギリシャってこんな感じ。

死ぬまでに一度は絶対行きたい場所です。
で、本題に戻ります。チャンスの神様の由来が分かったところで、チャンスの神様には前髪しかないわけです。
実生活で髪をつかんで人を呼び止めることはしないと思いますが。

もし私たちの日常生活の常識が「人を呼び止めるときは髪をつかむ」だったら。

チャンスの神様きたーーー!となったときに掴むしかないです。
振り向いてくれるのを待つだなんて・・・なんて待ちの姿勢なんだ。もう行くしかないわけですよ。
よく、虎視眈々と時期が来るのを待って、チャンスが来るのを待てばいい。という声も聞こえますが、虎視眈々という言葉とチャンスの話は別問題なんです。
虎視眈々というのは「待って時期が来るのを待って待ってガブリ!!!」ですよね。
でもチャンスの神様というのは、いつどこから来るかわからないんです。そもそも神様を「待つ」という行動はしていません。
「・・・ん?なんか見たことある。。。ああああ!チャンスの神様ああ!!!!」
こんな感じ。

もじもじせずに手を伸ばして掴んでください。
実践として、私を見かけたら、前髪つかんでもらって結構です(笑)

ということで、チャンスを逃さずつかむ方法はただひとつ。
直感力でつかめ。

チャンスの神様と私の関係。

私はチャンスの神様にたくさん出会って、前髪をつかんできました。
具体的に挙げると、

  • 安藤忠雄さんが出席されるパーティーがあるという告知を見る
    ➡名刺交換もして話も沢山して直筆お手紙もいただく。
  • 初めての一人旅・韓国へ行く飛行機に乗ってガイドブック真剣に読んでいたら隣に座っている「おじいさん」が韓国大手メーカーの特別顧問だった。
    ➡韓国のマナーを教えてもらい、お食事ごちそうになり、全く無縁だった電子研究をかじる。するとその方は趣味でフルートをされているということで音楽仲間になる。
  • 河内長野と全然関係ない大和高田で「清教学園出身です」と言ってみたら「僕は理事長と知合いです」
    ➡その後理事長とお会いして会社の活動を聞いていただいた。
  • 前の会社を辞めてムジカ・フマーナを立ち上げたことをトロンボーンの恩師に報告。
    ➡今度の演奏会マネジメントしてほしい➡この一言で演奏会マネジメント事業開始。

 

飛び込めばどうにかなる。と思うのは大間違い。

まだまだあります。

皆さんもこういうシチュエーションに遭遇しているはずなんです。ちょっと思い浮かべてみてください。
そのあとどう行動しましたか?一体どう繋がるかわからないんです。私はとにかく全部飛び込んでいきました。いわゆる、逃げ恥の精神です。

ちなみに、飛び込めばどうにかなると思うのは大間違い。飛び込んでどうにかする!この気持ちが大切。正しく頭を使うこと。
飛び込んだ後、どう行動するかは日々の鍛錬が必要です。一緒に頑張りましょう!!!

株式会社 ムジカ・フマーナ
城谷麻美

関連記事

  1. 誰でもできる!目標達成のために必要なこと。

  2. 楽譜は作曲者からのラブレター。

  3. 音楽愛好家の「クラシック音楽は難しくない!」は本当??

  4. 足を踏み入れた業界の情報に、知らないほうが幸せだったなんてものはない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

calendar

2017年12月
« 11月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Mami Shiotani

Mami Shiotani

株式会社ムジカ・フマーナ代表取締役。 奈良県大和高田市で音楽教室・音楽企画・音大生支援・国際交流事業で地域活性事業をすすめています。

プロフィールを表示 →

Twitter