日本語教師になるには?私が日本語教師を目指したいと思った、大事な人からの一言。

新年 あけましておめでとうございます!
2017年もどうぞよろしくお願いいたします
この記事を読んでくださった方 皆様に 幸福が沢山訪れますよう お祈りいたします♪

今日は、日本語教師の方にお会いして、お話を伺いました。
大和高田出身の方で、「韓国語教室の生徒さんの息子さんの幼稚園からのお友だち」というご縁でつながりました。
どこでつながるかわかりませんね!ご縁は大切に(^^)

今日のテーマは、ずばり「日本語教師」




 

■私が日本語教師に興味を持ったきっかけ

もともと私は語学や日本語にすごく興味があり(古文や漢文の点数は本当に低かったですが…)美しい言葉の響きや、語彙の豊かさに魅力を感じていました。
なぜ好きか、それはもう感覚でしかないのですが、心が洗われる感じ、がするのです。
小学校2年生の頃の将来の夢は「キャビンアテンダント」、中学一年生の頃は学校で配られたイギリスのケンブリッジホームステイに挑戦。
親が英語を話せるだとか、親戚に海外在住の人がいるだとか、そんなのは全くありません。ただ、幼いころから心が外に外に向いていました。
手相を見てもらっても、海外運がある、教える仕事が向いてる、そう言われて嬉しい自分もいました。

世の中にはどんな職業があるのか、職業辞典を見るのも好きで、よくそのコーナーに行って読んでいました。そこで「語学・海外」のカテゴリーで「日本語教師」という言葉を知りました。
すぐに、日本語教師について調べました。認定講座がある・通学や通信授業があること、授業準備が大変…日本語教師になるには というような本は一通り読みました。
20××年版 のテキストが数冊ありますが、通学や通信講座を始めることはなく、ただ心の片隅にずっとある状態でした。なかなかあと一歩が踏み出せずにいました。

それには理由があります。

「日本語に興味がある」という理由は、日本語教師になるという動機にしては、あまりにも薄かった。

もう5年はテキストが家に…熟成期間を経て、もはや発酵してしまう寸前の状態でした。そんな状態を大きく変える、二つの出来事がありました。

 

■「私、日本語教師になる!」と決めたきっかけ

まず一つ、最初に書いた通り、私が経営する韓国語教室の生徒さんの息子さんのお友だちが日本語教師をしている、ということで、私の心の片隅にずっとあった「日本語教師」というキーワードが、一気に心の中央に動いたことです。実際に日本語教師として働いている人に、私がどうして日本語教師になりたいのか、その意気込みが本気かどうかを見ていただけるきっかけを得たからです。

そう、このブログ執筆の一時間前まで、その方とお会いしていました。誠に不思議なことです。

「日本語教師の実態」と検索して出てくる情報の多くが、日本語教師一年目もしくは認定試験合格者のインタビュー記事です。1年目と6年目では、仕事の内容も大きく違うこと、非常勤講師と教員では役割が違うなど、どこにも書いてありません。そういった、生の声を聴くことができました。

  • 今、即戦力が求められている
  • 日本語教師、大募集中
  • ベトナムの学生が多い

などなどです。

「もう目的もしっかり持ってらっしゃるから、大丈夫です。ぜひ同じ世界で会いましょう」

そう言ってくださいました。

また、きっかけの2つ目が、日本語教師になる!という想いに拍車をかけました。
それは、ワーキングホリデーで日本に来ている韓国人の方にひらがなを美しく書く方法、言葉の交換をしていた時のことです。「日本語の先生みたいだ!しろ(私のあだ名です)の説明は本当にわかりやすい!日本語が楽しい!もっと教えてほしい!」という言葉でした。

人の役に立てたと実感したこと、それが大きな決め手となりました。

 

■まとめ

○○になりたい という動機は、人それぞれ違います。自分の中の強い想いを持ち続けられるに越したことはありませんが、それをより固めてくれるのは、他人の言葉ではないでしょうか?もし今、夢があるけれど一歩踏み出す自信がない、そんな状態であれば、実際にその職業に就いている方に合われてみてはいかがでしょうか?
事がトントン拍子であったり、風が吹いている感じ、流れに乗っている感じがすれば、それは神様が応援してくださっているのだと思います。

チャンスの神様は前髪しかないといいますから!

私はそう信じて、2017年から日本語教師の認定試験・実践をし始めます。私と一緒に一歩を踏み出しませんか?
頑張りましょう♪

株式会社 ムジカ・フマーナ 城谷麻美

↓夢実現のため、応援よろしくお願いいたします♪

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

 

 

 

関連記事

  1. 実績作りのためのボランティアなんて存在しない。

  2. 第11回 韓国伝統文化マダンが開催されます

  3. Googleデジタルワークショップで知識を取り入れてみましょう

  4. ★先着10名★音大生向けビジネスマナー・デジタルマーケティング入門講座…

  5. 音楽愛好家の「クラシック音楽は難しくない!」は本当??

  6. プロ奏者になった先輩、学生の頃から見えていた音楽に対する覚悟。

  7. 公務員でも議員でもない、音楽家こそ地域の文化力をアップする力がある。

  8. 【先着10名】第3回 音大生のためのビジネスマナー・デジタルマーケティ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

calendar

2017年1月
« 12月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Mami Shiotani

Mami Shiotani

株式会社ムジカ・フマーナ代表取締役。 奈良県大和高田市で音楽教室・音楽企画・音大生支援・国際交流事業で地域活性事業をすすめています。

プロフィールを表示 →

Twitter